lifestyle

LINEで相手が「送信取消」したメッセージを読む方法

LINEで相手が「送信取消」したメッセージを読む方法があった!(Androidのみ)

 

LINEでトラブルになる原因の一つが「誤爆」だが、「送信取消」機能を使えば、読まれる前にメッセージを削除できる。しかし、削除されたら読みたくなる…という人もいるだろう。Androidなら送信取消を無効にできる!

 

「送信取消」を無効にするワザ

 

 

LINEで本来送るべき人ではない人にメッセージを送ってしまうミスはよくあるが、結果が重大なことになってしまいがち。仕事の取引先に家族にあてたメッセージを送ってしまうと、怒られないまでも恥ずかしくて仕方がないだろう。ましてや、浮気相手に送るべきメッセージを配偶者に送ってしまうと、修羅場になるのは間違いない。これを防ぐ機能が「送信取消」だ。送信したメッセージが取り消された記録は残るものの、メッセージの内容はトーク画面からは完全に消える。これで一件落着…のハズなのだが、実はそうではない。

 

既読を付けずにLINEのメッセージを読むには「機内モード」にする方法もあるが、毎回、機内モードにするのはかなり面倒だ。Androidユーザーなら「のぞきみ」というアプリをPlayストアで検索してインストールしてみてほしい。このアプリはそもそも既読を付けずにメッセージを読むためのアプリで、LINEで送られてきたメッセージを保存しておける。文字情報だけでなく、スタンプも記録できるので、LINEを開かずにトーク内容を把握できるのだ。なお、通知がオフになっているとメッセージを保存することはできないので注意したい。

 

「のぞきみ」をインストールした状態でLINEのメッセージを受信すると、通知の内容が「のぞきみ」のアプリ内に保存される。メッセージの送信者が送信取消を実行すると、LINEのアプリ上からはメッセージが削除されるが、「のぞきみ」からは削除できない。そのため、取り消されたメッセージを読むことができるという仕組みだ。

 

それでは、使い方を紹介しよう!

 

 

LINE側の通知設定が有効になっていることを確認してから、「のぞきみ」の設定を行おう。まずは「のぞきみ」をオンにする

 

 

次に「のぞきみ」の設定画面では「通知」をオンにし、「アプリ個別の設定」の「LINEのメッセージ取得を有効にします。」をオンにしよう

 

 

LINEのメッセージが来たら「のぞきみ」アプリ側でメッセージを確認する。これで相手側は既読にならない

 

 

「のぞきみ」は設定も簡単ですぐに使える!

 

「のぞきみ」の使い方は実にシンプル!

まず、LINE側の通知設定が有効になっていることを確認してから、「のぞきみ」の設定を行う。そして、アプリを起動したら最初に「のぞきみ」をオンにする。

次に「のぞきみ」の設定画面では「通知」をオンにし、「アプリ個別の設定」の「LINEのメッセージ取得を有効にします。」をオンにしよう。これで準備はOKだ。

あとは、LINEのメッセージが来たら「のぞきみ」アプリ側でメッセージを見ればよい。

これで相手側は既読にならないはずだ。

ちなみに、メッセージ以外にも写真やスタンプ、ボイスメッセージなども既読をつけずに確認することができるぞ。

 

【無料】LINE@でSNS運用ノウハウを公開中

SNS運用の体系的な知識や、トレンド、流行りのインフルエンサーに関する情報を0円でご提供します。
企業のSNS運用に役立つ情報をGETしたい方はLINE@にご登録ください。

友だち追加