lifestyle

10月1日からモバイルSuica(スイカ)で電車に乗るだけで最大2%ポイント還元!

2019年10月1日から、JR東日本の交通系ICカード「Suica(スイカ)」で電車に乗ると最大2%もポイント還元されるのをご存じでしょうか?

実はまだ知らない人も多いようなので、今回は、Suicaのポイント還元についてじっくり解説します。

「JRE POINT」に登録したSuica(スイカ)のみが対象に!

10月1日からモバイルSuica(スイカ)で電車に乗るだけで最大2%ポイント還元!

JR東日本グループが発行する交通系ICカード「Suica(スイカ)」。

電車だけでなくコンビニや自販機の支払いも利用できるので、関東に住んでいる人ならみんなが持っているでしょう。

実は、これまでもエキナカや駅ビルなどの買い物で、「JRE POINT」に登録した「Suica」やSuica対応クレカで支払いをすると「JRE POINT」が貯まっていましたが、2019年10月1日からは「Suica」で電車に乗ってもポイントが貯まるようになるのをご存じでしょうか?

カードタイプの「Suica」はポイント還元率が0.5%ですが、モバイルSuicaなら2%も還元されるのです。

ただし、乗車でポイント還元されるのは、JR東日本の在来線Suicaエリアのみで、それ以外のエリアで乗車してもポイントは還元されません!!

また、「JRE POINT」に登録できるのは“記名式Suica”や“モバイルSuica”のみで、“無記名式Suica”は登録できない点は注意しましょう。

10月1日からモバイルSuica(スイカ)で電車に乗るだけで最大2%ポイント還元!

ポイント還元されるのは「JRE POINT」に登録したSuica(スイカ)のみ。

具体的には、「JR東日本の在来線に乗る」「Suicaグリーン券を購入する」「モバイルSuica定期券を購入する」ことでポイント還元されます。なお、カードタイプは0.5%還元、モバイルSuicaは2%還元となります。(資料:東日本旅客鉄道株式会社)

10月1日からモバイルSuica(スイカ)で電車に乗るだけで最大2%ポイント還元!

「JRE POINT」に登録できるのは、記名式Suica(My Suica)、Suica定期券、モバイルSuica、Suica付きビューカードなど。名前、生年月日、性別などが登録されていない無記名のSuicaなどは登録できません。

将来は新幹線のアップグレードもできる!?

そもそも「JRE POINT」とは、JR東日本が運営するエキナカなどの商業施設などで「JRE POINT」に登録した「Suica(スイカ)」やクレカを使用することでポイントが貯まるサービス。

貯まったポイントは駅ビルで使ったり、「Suica」のチャージ、グリーン券と交換したりできます。今回は、これに電車の乗車や定期券の購入などが対象になったというわけなのです。まだ「Suica」を「JRE POINT」に登録していない人は、急いで登録しましょう。

また、JR東日本では、2020年12月以降には繰り返しSuicaで乗車した場合、乗車1回分のポイント還元が受けられる回数券のようなサービスを予定しているほか、2020年春以降からは「タッチでGo!新幹線」でポイントが貯まるようになります。

さらに、2021年春以降には「えきねっと」との連動も可能になり、新幹線の座席をアップグレードできたり、新幹線や特急に乗れるチケットに交換できるようなるそうです!

【無料】LINE@でSNS運用ノウハウを公開中

SNS運用の体系的な知識や、トレンド、流行りのインフルエンサーに関する情報を0円でご提供します。
企業のSNS運用に役立つ情報をGETしたい方はLINE@にご登録ください。

友だち追加