sports

海外のスポーツにおける効果的なSNSの活用

近年、日本でもSNSを上手に利用して、ファンを獲得したり、満足度を上げるスポーツチームやリーグが増えています。

しかし、質の高いコンテンツであっても、きちんと計画されずSNSでの配信方法がなされていなければ、その効果は下がります。コンテンツの内容だけでなく、どこで、どのように語られるかが大切です。

レピュコムでは2014-15年シーズン、欧州の主要な25のサッカークラブが持つ3つのSNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラム)における1万5000以上もの投稿を分類し、分析しました。

 

◆ファンストーリーによる分類

・メンバー発表

・得点経過

・選手スタッフ

・試合ハイライト

・練習風景

・オフショット

・キャンペーン、アンケート

・試合スタッツ

・インタビュー、Q&A

・月間ベストゴール

・月間ベストプレーヤー

◆どのSNSで、どんな『ファンストーリー』が効果を発揮するか

Instagramは試合が行われていない時に、ファンの興味を惹く最適なプラットフォームです。「トレーニング情報」「オフショット」といったコンテンツが特に強く効果を発揮します。

○Instagramで最も効果を発揮した『ファンストーリー』

・練習風景 9.3%

・試合/シーズンまでのカウントダウン 8.7%

・オフショット 7.6%

・試合の実況解説 7.5%

・ハイライト 5.3%

Twitterは、リアルタイムのプラットフォームです。30%がクラブの公式アカウントなどから投稿される『試合の実況、解説』が占めています。

○Twitterで最も効果を発揮した『ファンストーリー』

・試合の実況解説 31.1%

・インタビュー、Q&A 8.5%

・試合前の様子:ウォーミングアップ 6.0%

・移籍情報 6.0%

・スタッツなど 5.8%

Facebookはツイッターと同様にリアルタイムの投稿が高いエンゲージメントを得ています。「試合の実況、解説」関連の投稿は、全投稿のうち12%を占めています。

○Facebookで最も効果を発揮した『ファンストーリー』

・試合のハイライト 17.5%

・インタビュー、Q&A 15.7%

・試合の実況解説 12.1%

・試合/シーズンまでのカウントダウン 8.9%

・キャンペーン、アンケート 5.8%

海外の事例では、大手のスポンサーがチームやリーグの『ファンストーリー』に投資をすることで、よりグローバルなファン層に訴えかけ、さらに大きなマネタイズが見込めるようになっています。

重要なのはどんなコンテンツが、どのSNSで最高の効果を発揮するか見極めることです。それぞれのプラットフォームでの適性、マネタイズにおける戦略が的確であれば、フォロワーをクラブチームの公式サイトに引き寄せ、会員などの登録を促し、チケットやグッズの売上に結びつけ、さらにはスポンサーに利益をもたらすことも可能です。

【無料】LINE@でSNS運用ノウハウを公開中

SNS運用の体系的な知識や、トレンド、流行りのインフルエンサーに関する情報を0円でご提供します。
企業のSNS運用に役立つ情報をGETしたい方はLINE@にご登録ください。

友だち追加